ダイヤ原石

 本日もおたまぢゃくし工房に起こし頂いた皆さま、本当にありがとうございました。壊れたものや、不要な貴金属がありましたら、いつでもお持ち下さい。丁寧に細かく査定させて頂きます。現在、地金相場が高騰しています。3年以上しまいっぱなしのものは、次の3年間もしまいっぱなしになってしまうと思いますので、紛失などして後悔される前に是非…

 

 さて、今日は、昔作ったリングがサイズ直しで戻って来ましたので、その紹介をさせて頂きます。「ダイヤの原石」と言う表現は、磨けば光る逸材と言う意味でいろんなシチュエーションで使われますが、これは、まさにそのダイヤの原石を使ったリングです。

 

 ダイヤがどこでどうやって採掘されているのか、ずっと疑問に思っていたのですが、「ブラッド・ダイヤモンド」と言う映画を観て、やっとわかりました。わずか10年ほど前のダイヤ採掘の悲惨な現状をリアルに描いたもので、かなり残酷なストーリーなのですが、私が知りたかった事をわかりやすく教えてくれる映画でした。

 

 一つのダイヤに、多くの人の命と、想いがつまっている事を知り、それを作品(アクセサリー)にする事にどういう意味があるのか、とくと考えさせられました。それ以来、美しくカットされた、ハイグレードと言われるダイヤよりも、採掘されたままの原石に魅了されています。

 

 好みにもよりますが、ちょっと変わったダイヤで遊んでみたいと言う志向をお持ちの方、いつでも相談にのらせて頂きます。