アンティークカメオ

 今日も雨の中、お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。一部、品切れになっているものがありますが、すぐにご用意出来ると思いますので、また、お時間のある時にお越し頂ければと思います。よろしくお願いします。

 

 今日は、カメオブローチの改作について書かせて頂きます。最近、カメオブローチについて、相談を多く受けます。使わないで眠っているカメオが、結構、あちらこちらのお宅にあるようです。昔、ご自身で買われたものだったり、おばあさまの形見だったり。よくある定番のものから、凝った作りのアンティークカメオまで、タイプは、さまざまです。

 

 改作方法は、いろいろありますが、基本的には、後で元の状態に戻せるようなやり方を提案させて頂いています。画像の「薔薇とツタ」のシルバー枠もそうですが、後で取り外しが出来る“着せ替え式”にしておけば、いつか、違うデザインにしたくなった時や、お子様に譲られた時などに、また違ったアレンジが出来ます。

 

 大掛かりなリフォームをしなくても、シルバーのパーツを加えるだけで、お手軽に雰囲気を変えられ、カジュアルでも使いやすくなります。画像のものは、裏を加工して、ペンダントや、帯留めにも使えるようにしています。そうする事で、カメオの出番がぐっと増えます。西洋のカメオを和服に合わせると言うのは、ちょっと例がないかもしれませんが、着けてみると意外と着物にマッチしますので、ぜひ、お試し頂きたいです。

 

 ご自宅で、眠っているカメオがありましたら、お気軽にご相談下さい。